スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Age Of Artemis - Overcoming Limits 2012

Age Of Artemis - Overcoming Limits 2012
エイジ・オブ・アルテミス - オーバーカミング・リミッツ 81点




ANGRAEdu Falaschiプロデュースによるメロスピバンド。
エドゥ自体、ANGRA,ALMAHを無期限の停止をしメインをプロデューサー業にするとの事。
高音が出なくなったり、本番やライブに弱い為プロデューサーの方が向いていると思います。
(加入してすぐのライブでは上手に歌えていたので喉を深刻に痛めてしまったのでしょうか)
個人的にはAndre MatosKiko Loureiro期がなんだかんだ言ってもベストです。

音作りはANGRAそのままで「なんかヴォーカルだけ変えたんちゃうん?」ってくらい
ANGRAに似ています。それでいてANGRAよりもプログレ風味も消えているので
内容もここ近年の本家の作品よりずっと出来は良いです。

トラック02 - Echoes Withinなんかはメロスパーはガッツポーズもの。



もう1,2曲くらいキャッチーな曲があれば多分、本家を超えるでしょう。
後半、フックに欠ける曲が多くもう一歩といった出来です。
ANGRAの現状が良くないのでブラジルの期待の星ですね。

関連記事
Age Of Artemis - The Waking Hour(当ブログ)


オーヴァーカミング・リミッツ
エイジ・オブ・アルテミス
キングレコード (2012-08-08)
売り上げランキング: 3411

スポンサーサイト

OSUKARU - Salvation 2012

OSUKARU - Salvation 2012
オスカル - サルヴェイション 80点




KATANA(もろにメイデンのフォロワーバンド)のメンバーの別プロジェクト。
ヴォーカルはヘタウマ。これが良いのか悪いのか・・・まぁ、味はあります。
メロハー・AOR的なツボはある程度心得ているとは思いますが、
全体的に「デモテープかな?」という感じの作りの甘さがあります。
(不安定なヴォーカルのせいもあるとは思いますが)

しかし中には良質な有名産業ロックバンドを彷彿とさせるAORチックな
05 - Till The End Of Time
06 - Never Too Late



キラリと光る、近年メロハーのお手本的なナンバー09 - Promised Land



があり、なかなか良いと思った次第であります。

カバー曲や過去の曲2012年度バージョンなど、このアルバムは「つぎはぎ」感が強いです。
ヘヴィなナンバーやバラードも非常に惜しい出来です。

もう少し洗練され、クオリティがあがったらフルアルバムが聴いてみたいですね。


SALVATION~Deluxe Edition~
SALVATION~Deluxe Edition~
posted with amazlet at 12.04.13
OSUKARU
Stay Gold (2012-04-18)
売り上げランキング: 112919

Dragonforce - The Power Within 2012

Dragonforce - The Power Within 2012
ドラゴンフォース - ザ・パワー・ウィズイン 82点




ドラゴンフォースといえばハーマン・リはイケメン?(←これ、なんなんでしょうね)
もとい、売りは疾走曲、速い曲、メロディのある速い曲、速いインスト曲、また速い曲・・・・

性欲有り余る19歳少年のようなワンパターンオナニー曲が多くて
「だがそれがいい」もしくは「飽きた」に分類されますが私は後者です。

アルバムが出るたび「またこのパターンかよ!」で聴くのも苦でしたが
近作もトラック1~5まではこんな感じで途中で聴くのを止めようとしました。
(本来これがファンの求めるドラフォ像なのはわかります)



今回のいつもと違うところは、過去のヴォーカルが抜けイケメンの上手いヴォーカルが参加し
(いきなりB!の表紙を飾る快挙 話は変わりますがB!の藤木氏は辞めたのでしょうか?)
一聴しただけでは違いはわかりにくいですがハイトーンや歌の強弱が前任者より上手です。

キーボードもところどころ工夫を加えチルボド的な箇所もいくつかあり
一番驚いたのがミドルスピードの06 - Seasons

演奏ペースが歌メロ中心じゃないですか!!どうしちゃったんですか!?
08 - Die By The Sword09 - Last Man Standsのテンポもそんな感じです。
個人的には嬉しい変化です。私は爺なのでこれくらいのスピードでいいのかも。

蛇足ですが07 - Heart Of The Stormとボーナストラックの
12 - Heart of the Storm (Alternative Chorus Version (Bonus Track)
これの違いがあまりわかりません(汗

最後のインスト13 - Avant La Tempete (Instrumental)もしっとりしてて良い感じ。
この調子で曲のバリエーションが増えてくれたらいいですね。

邦盤の発売日は4月11日です。

ザ・パワー・ウィズイン
ドラゴンフォース
ビクターエンタテインメント (2012-04-11)
売り上げランキング: 145

Place Vendome - Place Vendome 2005

Place Vendome - Place Vendome 2005
プラス・ヴァンドーム - プラス・ヴァンドーム 86点




UnisonicにてMichael Kiske復活!バンザイと書きたいのですが・・・
内容は過去のソロ作品Instant Clarityに近い感じで、ちょっとガッカリでした。
が今後に期待ってところですね。ですのでこちらのレビューを書かせていただきます。

マイケルキスクのwikiからの転載ですが
『Frontiers Recordsのオーナーであり、Place Vendomeを始動させた本人でもある
Serafino Peruginoがヘヴィなギターをサウンドに乗せてミックスし、
出来上がって来た物が本作だった。』社長直々に手をかけさせるとは流石ミッヒ!

『マイケル自身のコメントでは、元々レコーディングした時は
本当に「フォリナーやジャーニータイプ 」のAORだった』
・・・ん、これは騙されたということか?Dennis Wardのアレンジのマジックか?
結果よければ全て良し。

そういった背景でアルバム全体にはアダルトなムードがあり、
一曲一曲のクオリティがとても高く、統一感があります。

キーパー時代のポップさや激しさはありませんが哀愁・キャッチーな曲も多く
口ずさんでしまうような親しみやすさがあり、一皮むけたとでもいいましょうか?
髪の毛までむけてしまいましたが、伸び伸びと才能を余すことなく歌っています。

個人的に好きなトラックは01 - Cross The Lineでの
スピード感のある楽曲+伸びやかなハイトーン。ファンは堪りません。



キャッチーなサビの02 - I Will Be Waiting

AOR調の03 - Too Late , 07 - Heaven's Door

いい大人が「魔法の絨毯に乗って」とか歌ってんじゃねーぞ
とか思いながら聴いたら結構いい曲の09 - Magic Carpet Rideなどなど・・・

同路線の2ndアルバムStreets Of Fireも凄く良い出来で、別にレビューを書きたいくらい



このアルバムが気に入ったら是非、聴いて欲しいと思います。

Unisonicやめて、こっちの新譜だしてくれないかなぁ・・・

プラス・ヴァンドーム
プラス・ヴァンドーム
マーキー・インコーポレイティド (2005-09-22)
売り上げランキング: 37656

プロフィール

Dan

Author:Dan
30代のキモオヤジ
スピード・メタル、メロディアス・ハード、AOR好きは誰でもウェルカム。更新にムラがあるのが-114514点です。HM/HR界のsyamu_game目指します!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Hard Rock,AOR HeavyRotation
Destination Anywhere
Destination Anywhere
StoneFlower

Albion
Albion
Ten

Down to the Core
Down to the Core
L・R・S
Melodic Speed Metal Rotation
VETELGYUS (初回盤: CD+Blu-ray)
VETELGYUS
Galneryus

For the Kingdom
Unisonic

風神界逅
風神界逅
陰陽座
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

HR/HM AOR Fusion Merodic Powermetal Progressive

SILVERWING-舞い降りてきた音楽の記録-

超怒級怒濤重低騒音

♪♪ これぞ メロディアスHM/HR! ♪♪
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。